ほぼ4ヶ月ぶりのブログ更新となります。皆様お元気でしたでしょうか。みずあおいです。

先日6月2日・3日にアイドルマスターミリオンライブ!の5周年ライブに当たるTHE IDOLM@STER MILLION LIVE! 5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!!が開催されました。
幸いなことに、僕は両日ともに現地であるさいたまスーパーアリーナでライブを鑑賞することができました。今回はそのライブの感想をひたすら書き殴る記事になります。


◆最初に
そもそもライブの現地参戦は、CDを買ったらついてきたシリアルコードで応募したらたまたま当たった今年2月3日に幕張メッセイベントホールにて開催されたTHE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR~GLORIOUS ST@GE!~の1日目公演以来です。
それ以前だと現地推し(ライブ自体は見ないけど、物販やファンとの交流目的で会場に行くこと)は何回かやっているのですが、自力でチケット当てて且つ見に行きたいと思って必死になって応募したライブになると、昨年の6月10日に大阪城ホールにて開催されたTHE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!の大阪公演2日目以来です。
ほぼ1年ぶりにもなるので、当然期待も膨らみます。シンデレラ5thライブツアーは、デレステを初めて半年程度で、まだミリオンどころかシンデレラすら半分ぐらい分かってない状態で迎えていました。しかし、ミリオン5thはミリシタが始まってほぼ1年、ミリオンのこともだいぶ分かってきた時点での開催です。リリイベにも数回参加し、まさに今か今かと待ちわびてたライブ。楽しめないわけがなかったです


◆1日目公演
この日は、僕の担当アイドル(一般的には一番好きなキャラクターのことを指す)である春日未来の声を演じている山崎はるかさんが出演していました。
ここからはセットリスト順に追っていって、特に印象的だった曲をピックアップしていこうと思います。

0 開演前 Happy Darling
アイドルマスターのライブでは、開演前は場内BGMとして楽曲が流れています。当然開演前なので会場はライブ開演中のような熱気に包まれているわけではなく、割とシーンとしていたり、小さいコールが入ったりするのですが、この曲だけは特別でした。
いつライブが始まっても大丈夫という状態で席でtwitterをしていた私は、そこでライブビューイングの中継が始まったという一報を目にしました。そのタイミングがまさにCメロに入る直前いやスタッフ狙っただろお前
Happy Darlingと言えば、Cメロ終わって大サビに切り替わるところで入るセリフの「応援ください!」に「応援するよ!」と答えるようにコールするのが定番中の定番なのですが、そのコールが開演前と思えない、というかライブ中よりもデカいんじゃないかってぐらいの歓声で「応援するよ!」というコールが会場に響き渡り、会場が早くも熱気に包まれたのが印象的でした。ギリギリに入場した人は後悔するがいいHAHAHA。

2 未来系ドリーマー
1曲目の全体曲が終わった途端担当のソロ曲が来る、アイマスの信号機の赤担当の宿命と言うべきなのでしょうか。まあ未来系ドリーマーは割と早い段階で来るだろうと予想していたのですが、MCも挟まずいきなり来るとは思わずにびっくりしました。野球でいうと王道中の王道、一番センターといった感じ。

3 Eternal Harmony
二番強打者理論最高
。実はエタハモを「エタハモだー!」と思って聴くのはこのライブが初めてでした。曲自体は去年10月に行われたTHE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS HOTCHPOTCH FESTIV@L!!で聴いていたはずなのですが、当時ミリオンをほぼ知らなかった僕はそこまで覚えられなかったようです。ほぼ初見同然だったのでコール入れられなかったのが悔しい。6thライブツアーではリベンジしたいなぁ。

7 教えてlast note…
ここまで楽しい曲が続いていたのですが、突然のかっこいい曲。下位打線だからって安心してたら得点圏にやたら強い打者が居てフェンス直撃タイムリーを打たれた気分。この曲をあんな風に歌いこなせる篠宮可憐役の近藤唯さんが凄かったです。

8 花ざかりWeekend✿
1日目楽しみにしていた曲。落ちサビ入るところで咲きクラやると合うだろうなぁと思ってたけどやりませんでした。個人的には90年代後半~2000年代前半のコメディドラマのED曲って感じがして好きです。twitterでショムニのパロディイラストがいくつも上がっていましたしね。

14 Take! 3. 2. 1. → S・P・A・C・E↑↑
ステージの演出が面白かったです。歌詞に合わせてレーザーが本当に発射されていてゲラゲラ笑っていました。

18 FairyTaleじゃいられない
最高
。こういういわゆる蒼い曲と呼ばれるかっこいい曲が大好きマンなので、これがミリシタ発の楽曲1発目というのが最高でした。サビの前に一瞬全ての照明が落ちて真っ暗になるのがもう最高。落ちサビ最後の「おとぎ話じゃもう…足りない!」という歌詞が「シンデレラには負けねえ!」という同じアイマス内だけど良きライバルで居たい、切磋琢磨していきたいという意志がガンガン伝わってきて最高。最高しか言ってねえなコイツ。

19 ZETTAI×BREAK!! トゥインクルリズム
これがグリマス…!
となった曲。歌詞が最高にクソ(褒め言葉)。ガンガンUOが折れるクソ熱い曲でわれこういうのすき。ちなみにCDのドラマパートが大人が全力でふざけた結果みたいな感じなので買ってない人は今すぐ買ってドラマパート聴きましょう。

22 CAT CROSSING
39曲ほどあるM@STER SPARKLEシリーズで実はこの曲が一番好きです。志保の孤高な姿勢が書かれた歌詞が本当に好きです。イントロが流れ始めた瞬間に持っていたサイリウム・ペンライト類を全て落としてしまった曲1日目の部。

31 瑠璃色金魚と花菖蒲
七五調がとても印象的な和ロック曲。それをあんなに力強く表現できる南早紀さんの凄さ。凄えなぁ。

32 ハミングバード
正直1日目のトリの曲が想像つかなかったんですが、妥当といえば妥当、意外と言えば意外な選曲だったと思います。新人なのにいきなりトリを任されて、それを緊張しながらも歌い遂げる香里有佐さん、いつまでも鳴り止まなかった拍手がとても印象的でした。

34 UNION!!
ミリオンライブ恒例の周年ライブ新全体曲。1日目には来ないと踏んでいたので意表を突かれました。なんとなくミリオンっぽくないなーとは思っていたのですが、この曲をシンデレラっぽいと表現していた方がいらっしゃって、なるほどと納得。今からCD発売が楽しみです。


◆2日目公演
この日は打って変わって、僕のもう一人の担当アイドルである高山紗代子の声を演じている駒形友梨さんが出演していました。
2日目も同じように書き殴っていきます。

0 開演前 HOME RUN SONG♪
この曲もM@STER SPARKLEシリーズの中で1位2位を争うぐらい好きな曲なのですが、この曲を歌っている永吉昴役の斉藤佑圭さんが事情により今回のミリオン5thライブに出演できなかったんです。
楽しみにしていたけど残念……と思っていたら、開演直前に昴のナレーションが始まって(この演出は1日目にもあった)この曲が流れ始めました。
もう完全に諦めていたので、イントロの野球の応援のあのリズムが流れてきた瞬間に声にならない叫びが出てしまいました。開演前にUO折ったの初めてですよ。

2 FairyTaleじゃいられない
よし、お前ら全体曲で準備運動は終わったな!じゃあ死ね!!!と言わんばかりに、1日目は後半にやったこの曲がいきなり披露される。愛美さんの歌声が凄い合うなあと思いました、早くジュリアソロ音源出してくれ。

3 虹色letters / 4 ドリームトラベラー
ここから2曲連続で比較的おとなしい曲が続きました。いきなりFairyTaleじゃいられないが流れた時はどうなるかと思いましたが、ここからは落ち着いてライブを楽しめました。しかし今思い返せばこれは完全に嵐の前の静けさ、ここで油断してしまったのが今回のライブでの僕の最大の失態だと思っています。

5 Only One Second
一番投手大谷翔平1回表初球打ちホームラン以来の衝撃。完全にこの曲はライブの後半だと思って油断していたので、この曲が流れ始めた時完全にフリーズしてしまいました。確か持ってたサイリウム・ペンライト類全部床に落としてたと思います。僕の連番者であったろまめすくさん曰く「曲が流れると同時に隣から光が消えた」だそうです。
この曲について、駒形友梨さんはだれ?らじというインターネットラジオ番組で「今まで紗代子には落ち着いたソロ曲が2曲続いていたが、やっと紗代子らしい、皆と盛り上がれる熱い曲が来た」という旨を話していたそうです。そんなライブのトリ要員ではないかと予想されていた曲がライブ序盤にいきなり披露され、担当プロデューサーとして、1人のファンとして、ライブ会場があそこまで盛り上がって、熱気に包まれていたのが嬉しくて嬉しくて……今でも思い出すと涙が零れそうになります。
そして駒形友梨さんと言えばまっすぐ通り抜けるような力強くもスッキリした歌声が特徴だと僕は思っているのですが、今回のライブのこの曲に限ってはたいへん力強く、多分今回のライブで誰よりも歌が好きという気持ち、誰にも歌は負けたくないという闘志すら感じました。多分僕が考えすぎなだけだと思います。
大サビ終わった後はその場に崩れ落ちそうになっていました。多分また持ってたサイリウム・ペンライト類全部床に落としてたと思います。

6 WE ARE ONE!!
プロデューサー!5曲目でKOしてどうするの!
というのり子の声が聞こえた気がします。実際この曲がOnly One Secondの直後じゃなければ僕はこの日のこの曲以降ずっと死んでたと思います。
叩き起こしてくれたのり子に本当に感謝。のり子コールとリリイベの時に浜崎奈々さんと一緒に練習したWE ARE ONE!!のところの振りコピが楽しかったです。

8 Home is a coming now!!
大阪の郷土愛の化身とも言える横山奈緒さんの故郷を思う曲、曲調は非常に警戒で楽しいのですが、歌詞で泣けてくるタイプの曲です。泣けてくるはずだったんです
ただ泣かすだけでは終わらせないのが非常に奈緒らしいというか、大阪のオバチャンが突然チャリンコに乗ってステージに現れたりと、Cパート前の間奏で二人の大阪のオバチャンが立ち話してたりと、ツッコミどころ満載でした。

9 Border LINE→→→♡
莉緒姉の歌詞が切ない曲。こういうジャズ調と言うんですか、あんまり詳しくないんで誰か教えてください。こういう曲大好き。

11 咲くは浮世の君花火
横浜スタジアム9回裏三者連続ホームラン逆転サヨナラ勝利以来の衝撃。MCで一息つけたな!じゃあ死ね!!!と言わんばかりに新曲をぶち込んでくる。おまけに担当である高山紗代子役の駒形友梨さんがセンター
和ロック的な感じの曲だったことは覚えているのですが、それ以上に上記の衝撃が強すぎてほぼ覚えていないです。試聴動画早く公開してくれ頼む。
2018/6/7追記 ミリラジで流れたので記憶の修復がある程度出来ましたありがとうございます。結構スローテンポな夏祭りって感じの曲でしたね。でもやっぱりじっくり聴きたいから試聴動画早く公開して欲しい。

15 満腹至極フルコォス / 16 たんけんぼうけん☆ハイホー隊 / 17 スポーツ!スポーツ!スポーツ!
美奈子が作った飯を腹いっぱい食ったら環と外でめいっぱい遊んで、海美に限界まで身体を動かされる。なんだこの流れは

18 Sister
天空橋朋花役の小岩井ことりさんが作曲作詞を手がけたことで話題になった曲。雰囲気に完全に飲まれてしまって、2番サビの「有刺鉄線は赤」という歌詞のところでペンライトを赤にすることを忘れて聞き入ってしまいました。6thライブツアーで再披露されることがあればリベンジしたい。そして多分また忘れて同じこと言ってそう。

21 昏き星、遠い月
まさかの演者がヘッドセットをつけての登場。本当にミリシタMVをそのまま見ている感覚でした。リリベの時もそうだったんですが、ステージの演者と演出に集中するために、ペンライトは振らないでいわゆる地蔵で見ていました。エドガー(恵美)とアレクサンドラ(千鶴)が戦うシーンで血が飛び散るような演出がモニターにあったのが、まるで本当に戦っているかのような印象を与えてくれました。エドガーがクリスティーナ(朋花)をかばうように戦っていたのもポイントだったと思います。

26 ジレるハートに火をつけて
MCが終わった後の満を持しての登場。お待たせしましたと言わんばかりの特殊イントロ。センターにはあの口うるさい通称「委員長」の姿。ミリオンライブをまともに追い始めたのはミリシタがリリースされてからですが、種田梨沙さんはアイマスにハマる前から追っていた声優だったので、あぁ、本当に種田梨沙さんが元気になって戻ってきてくれたんだ、という実感がこの瞬間に湧いてきました。単純に、ただただ嬉しかったです。

30 スタートリップ
ステージの照明がバッと点くとそこにはギターを持ったジュリア役の愛美さんの姿。この曲、周りから本当に涙をすする音が聞こえてきたのが印象的でした。愛美さんが凄く楽しそうにギターを弾きながら歌う姿が印象的で、僕はただただそれを穏やかな気持ちで見守ることで精一杯でした。

32 SING MY SONG
やはりアイマスのトリと言えば信号機の青のソロ曲、特殊な演出なしに、歌声だけで会場を圧巻するその姿にただただ圧倒されるだけでした。


◆全体を通して
どのライブもなのですが、ライブが始まる時の映像が大好きなんですよね。今回は765プロライブシアターに入って、チケットカウンターの前を通り過ぎて、シアターホールに向かうという映像だったのですが、この1年間アイマスのライブを見てきて「今からライブが始まる!」という高揚感をあそこまで高めてくれた映像は多分今回のミリオン5thが僕の中では一番だったと思います。
それと演者の衣装なのですが、シャイニートリニティを着て出てきたんですよ。僕はミリシタの数ある衣装の中でシャイニートリニティが一番好きで、あの瞬間の「あ、シャイニートリニティ、シャイニートリニティだ!!!」の感動は忘れられません。本当にキャラクターがそのまま現実の世界に飛び出してきたような、そんな感じでした。


記憶がだいぶあやふやなので、ディレイビューイングが開催されればまた見に行きたいし、多分今までの中で一番楽しめたライブだったので、ライブのブルーレイが出たら買いたいなあと思いました。
とりあえず思いついたことをひたすら書き殴った記事になってしまいました。拙い文章ではありましたがご容赦ください。
それでは、ごきげんよう。